読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラバ!

西加奈子さんの『サラバ!』を読んだ。

 

上下巻とあってなかなかのボリューム。

西さんのこれまでの作品と少し違う感じがして、これはこれで面白かった。

 

主人公が産まれるところから始まる。生い立ちから、家族(特に姉のこと)、クラスメイト、親友、海外への移住など、様々なことに自分がどう対峙してきたかが長々と綴られる。

長い。

でもその長さにはめちゃくちゃ意味がある。他人の事なんか分かろうとしても分からないからね。どんなに言葉をつくしても、どうしてこの人格が形成されたのかなんて知りようがない。

だからこれだけのボリュームになるのは当然。

 

上巻は登場する人々の自意識が痛々しくて生々しくて読むのが辛かったぐらい。

自我が芽生えはじめる幼稚園でのエピソードや、中高生の「狭い世界の中での恋愛事情」なんかの描き方が凄い。

主人公は男だけど、女の嫌らしさもちょいちょい出てきて面白い。

どっか遠くから自分を見ているような感覚で生きている主人公が、年齢を重ねて自分と向き合いはじめるところからがめちゃくちゃ面白くて一気読み。

 

西さんはこの作品を「ハッピーエンド」と言っているけど、わかりやすいハッピーエンドじゃない。とにかくでも、何か力が湧いてくるような終わり方だったし読んで良かったと思えた。

やっぱり西さんの作品は凄い。f:id:yukiponpoko:20170517142521j:image