美らさん

f:id:yukiponpoko:20170407163327j:image

 

ちゅらさんで有名な平良とみおばぁの、沖縄の本。『ちゅらおばぁのなんくるないさ

 

初めて沖縄に行ったとき、魂が震えた。

低体温、低血圧、のろまで引っ込み思案なわたしが、ありのままの自分でもいいーさーと思うことができた。

沖縄の人たちのおおらかさや大雑把で物事を深く考えない(いい意味で)ところや、親しみやすさが大好き。

 

沖縄に抱いていた思いが、この本を読んで改めて感じることができた。おばぁの優しい語り口に、思わず何度も涙していた。

矛盾する現在の沖縄の問題も、おばぁが琉球王国の時代にまでさかのぼって教えてくれる。