読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉永南央『萩を揺らす雨』

f:id:yukiponpoko:20170225233425j:image

 

珈琲店を営むおばあちゃんが事件に巻きこまれたり、鋭い洞察力で事件に首を突っ込んだりするお話し。

身近な事件をほんわか解決していくコージーミステリかと思っていたら大違い。

おばあちゃんが主人公だけあって、夜道を歩いていると警察に「徘徊老人」と間違われたり、友人が痴呆症になっていたりする。若かりし頃のほろ苦い思い出も面白い。

 

表題作の「萩を揺らす雨」では警察が出てくるような大きな事件に関わってしまう。ちょっと先が読めてしまうところや、都合が良すぎる展開もあったが楽しめた。

わくわくするようなお話しではないけれど、おばあちゃんの視点というのが新鮮でハマる。続編も読みたい。