読まず嫌い

f:id:yukiponpoko:20161108043247j:image

 

阪急電車』等が有名な有川浩さん。

なぜか読まず嫌いのままでいたが、表紙の猫にひかれて手に取った。

 

途中から先が読めたし、これもう泣くやつやって分かってたけど、どんどん読ませるし畳み掛けてくるしで、一気に読み切って最後はほんまに泣いた。

 

すごいエンターテイナー。

短い物語やし、あらすじがネタバレになりそうやから、何の予備知識もなしに読んだのが良かったのかも。

でも猫じゃなかったらたぶんずっと読まず嫌いの作家さんだっただろうと思う。

それにやっぱりこれは猫の物語でないとこんなに泣けない。猫じゃないと成り立たない。「猫文学」ここにあり。