阿刀田高『心の旅路』を読む

f:id:yukiponpoko:20160818161341j:image

自選恐怖小説集『心の旅路』を読む。

短編集。

どの話も面白い。

阿刀田高の短編は読みやすい。簡潔な言葉選びでスラスラ読める。

 

特に印象に残ったのは『帰り水』。

得体の知れない男に誘われ、何が待っているのか分からない夜の山道を行く道中が恐ろしい。

得体の知れない男が語る話も掴みどころがなく不安にさせる。

 

夜の山道の恐怖たるや、一つの恐怖小説のジャンルとなりうると感じた。