お猫さまと読まず嫌い

f:id:yukiponpoko:20160711172646j:image

 

正確には読まず嫌いではない。

『容疑者Xの献身』は読んだ。

内容のわりにさらっと読めてしまった。もっと粘っこい心理描写が欲しくなる。

 

そして今回はハードな内容を期待して『白夜行』を読む。

意外と手にすることが少なかった集英社文庫。850頁程のボリューム。重い。

文章が読みやすいし、時系列が行ったりきたりしないし、登場人物も少ない。

スラッスラ読める。2日目でちょうど半分程読んだ。

 

伏線が見えてきたりして続きが気になるところ。男女2人のそれぞれの物語が、過去の事件以降別々に進む。

ずーっと不穏な空気が漂ってはいるけど、そう重々しい内容でもない。

どこで2人が交差するのか、どう関係してくるのかドキドキわくわく。

f:id:yukiponpoko:20160711174217j:image