猫と村上春樹

f:id:yukiponpoko:20160706101614j:image

人にすすめられて、村上春樹を読む。

どうせならデビュー作から順に読んでみようと思った。

 

風の歌を聴け

村上春樹のデビュー作であり、青春三部作の第一作目。文庫にしてはペラい。集中して一日かけてじっくり読んでみた。

 

「ぼく」と鼠の物語だと思って読んだ。

時代のせいもあるのかどのセリフもキザで「うまいこと言いたい感」が鼻につく。

それはそれで楽しみつつ物語を追うも、さっぱり意味がわからない。物語は「ぼく」が主体となって「こんな人と出会ってこんな会話をした。彼女はこうだ、それはこれこれこうだからさ」といった感じで進む。だから何やねん!と思いながら読了。

 

さっぱり意味はわからないけど、この物語の醸し出す雰囲気は掴めた。続編を読むことにする。

 

f:id:yukiponpoko:20160706103814j:image

 

ダンボール箱が非常に気に入った様子。